2019.01.08

成年後見

自分の亡き後の身辺整理

こんにちは。富山の行政書士法人 SRS結 片山です。

 

ご高齢の方の支援をしていますと、おひとり暮らしの方からよくこんなお悩みをお聞きします。

 

「自分が亡くなった後、誰が身の回りの後始末をしてくれるのだろう…」

 

独り身で独居のまま人生の終わりを迎えたとき、その後の葬儀や埋葬、役所への諸手続、住んでいた住居の片づけなど、ご自身の身辺整理について不安に思われている方が多くいらっしゃいます。

 

中には、『亡くなった後を任せる身内がいないけど、知人等に口頭でお願いしてあるから大丈夫』と言われる方もいらっしゃいます。そのような不安定な約束で大丈夫でしょうか?

 

ご自身の亡くなった後の事務手続を確実にお願いしたい場合は、生前のお元気なうちに亡くなった後の事務的な部分の手続きを行う事を約束した契約を結んでおけば安心です。これを『死後事務委任契約』といいます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

老後のお悩みは人それぞれお持ちだと思いますが、ひとつひとつ準備して不安を取り除いていくことで、今をよりよく生きられるのではないかと考えています。

 

お気軽にご相談ください。