Guardian

高齢による認知症や、精神障害、知的障害などにより判断能力が不十分な状態にある人の支援を行います。また、将来に備えて信頼できる人と契約によって後見人を決めておくこともできます。

このようなお悩みありませんか?
  • もし自分が認知症や、寝たきりになったらどうしよう。
  • 認知症の親の不動産を処分して、施設の入居費用にあてたい。
  • 一人暮らしの親が悪徳商法に引っかからないか心配。
  • 自分の死後、知的障害の子が生きていけるか心配。
…,etc.

成年後見に関するサポートはお任せください。

  • 見守り契約

    一人暮らしの高齢者の方などと定期的に面談や連絡をとり、ご本人が、安心して生活できるよう支援します。成年後見制度(任意後見)をスタートさせる時期を相談したり、判断してもらう契約です。

  • 生前事務委任契約

    生前事務委任契約は、判断能力はあるが高齢や病気によってご自身の財産管理や各種手続きが困難な方の支援を致します。

  • 任意後見契約

    今は判断能力に問題はないけれども、将来、判断能力が低下した場合に財産管理や契約の代理を任せることができます。

  • 死後事務委任契約

    遺言書で決めることができない葬儀や永代供養、役所への届出、病院などへの支払い、家の片付けなど、様々なお手続きを任せることができます。

ご利用の流れFlow

  • STEP.1

    相談申込

  • STEP.2

    初回のご相談

  • STEP.3

    ご検討

  • STEP.4

    委任契約

  • STEP.5

    活動スタート

※委任契約後に料金が発生します。